TOP > 荒井屋とは > 百二十年史

百二十年史

生い立ちから現在まで、長きにわたり刻みつづける歴史。先人たちの足跡が、これからの道筋を照らします。

明治28年(1895年) 初代・荒井庄兵衛、現在地横浜市中区曙町(旧久方町)に牛鍋屋を創業。
大正12年(1923年) 関東大震災により灰燼に帰すも直ちに復旧。
昭和18年(1943年) 戦時統制令により国民食堂となる。
昭和20年(1945年) 横浜大空襲により消失。二代目・登良吉は町内会長として消火作業にあたり行方不明に。
昭和21年(1946年) 二代目女将・花以下家族で、焼け野原にいち早く復旧、当初は外食券食堂。
昭和24年(1949年) 三代目・精一、シベリアより復員。
昭和25年(1950年) 経営基盤確立のため、資本金50万円で有限会社となる。横浜のれん会を結成、会員となる。現在の建物になる。
昭和34年(1959年) 横浜市新庁舎竣工と共に、一般食堂の営業を委託される。
昭和39年(1964年) 資本金300万円で株式会社となる。 ダイヤモンド地下街に出店。
昭和41年(1966年) 神奈川県新庁舎落成に際し、食堂を委託される。
昭和42年(1967年) 神奈川県遺族会より上大岡結婚式場を委託される。株式会社荒井商事横浜亭を設立。
昭和43年(1968年) 金沢区泥亀町ユニオンセンターに出店 。横浜おかだや地下街に出店。
昭和44年(1969年) 横浜中税務署より優良申告法人の表敬を受ける。東京都世田谷区玉川髙島屋ショッピングセンターに出店。
昭和49年(1974年) 中区曙町2-15に作業場及び男性独身寮を備える。パテオ店新装オープン。
昭和62年(1987年) 玉川店を全面改装、『SUKIYAKI横浜30min. 玉川店』としてオープン。
横浜市経済局の呼びかけによりヨコハマベスト・コレクションズ・クラブ(YES'89横浜博キャンペーン企業)に参加。
昭和63年(1988年) 横浜松坂屋食品売場に出店。西口店を全面改装、『SUKIYAKI横浜10min. 西口店』としてオープン。
平成元年(1989年) 横浜博覧会、開港記念村に参加、出店。首都高速横浜ベイブリッジ大黒SAに委託販売開始。
平成 2年(1990年) 荒井商事関内ビルに牛肉割烹『荒井屋関内店』を出店。伊勢佐木町本店新装オープン。
平成 3年(1991年) 株式会社荒井屋食品事業部(工場部門)と営業部(物販部門)を有限会社アライフーズとして分社設立。
平成 4年(1992年) 池袋東武百貨店地下食品売場に出店。
平成 5年(1993年) ランドマークプラザに『荒井屋開化亭ランドマーク店』を出店。三代目・精一 代表取締役会長就任、四代目 ・一雄 代表取締役社長就任。
平成 7年(1995年) 伊勢佐木町本店を改装。
平成16年(2004年) 資本金6500万円に増資。
平成18年(2006年) 本店に鉄板焼コーナー『ARAIYA ANNEX』オープン。
平成19年(2007年) 3月 中区海岸通4 23相模ビル1階に『荒井屋万國橋店』をオープン。 5月 四代目女将・順子 代表取締役に就任。
平成21年(2009年) 商標登録取得。
平成26年(2014年) 3月 中区伊勢佐木町3-107 1階に製造作業所開設。
百二十年史 百二十年史 百二十年史 百二十年史 百二十年史 百二十年史 百二十年史 百二十年史 百二十年史